QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
romeo mamma
romeo mamma

2011年08月16日

イギリスへGO !!!!!  (最終日&etc.)

8月14日

昨夜は結婚式場の近くのホテルで宿泊。
今日は新郎のファミリー+新婦のファミリー+私 でロンドン市内観光で~すicon12

前日の結婚式でクッタクタに疲れているはずなのに、嫌な顔一つしないで楽しく案内してくれます。


 観光船に乗って船上から
 ゆ~っくり 観光!


 「隅田川の屋形船とは
 規模が違うね」
 と新婦のパパさん。


 このボートトリップ
 お勧めですよ。
 1500円くらい!



古い建物やお城、ビッグベンさえもすぐ近くに見ることができます。
楽ち~ん face02
















私のイギリスの親戚 キーボーワトソン家の面々icon06
いつも温かいもてなしありがとうkao1

















楽しい時間は飛ぶように過ぎていきました。

See you again! パパ&ママ!

8月15日

5:50ホテルを出発 
朝早いのにクリスは空港まで連れて行ってくれました。

9:10離陸icon20 また来るからね~heart


おまけ
日本とイギリスこんな違いが面白い kao5


 日本の1階はグランドフロア

 日本の2階が1階

 注意しないと待ち合わせしても
 会えないぞ!





 公園に犬立ち入るべからず
 なんて看板どこにもないの

 こんな可愛いウンチBOX
 犬好きには嬉しいね。






 駐輪場がなんとホームの上
 列車の前方にあった。

 自転車と一緒に乗車しても
 お金いらないんだって

 ペットはお金かかるけど
 膝の上とか通路でOKだって!


他にもね
 ・切手の貼る場所、日本は左でしょう。イギリスは右なの。

 ・りす は日本では”可愛い”動物でしょう。 
  イギリスでは”やっかいもの なの。
  庭を荒らすし、家の中に入ってコードを切ったり悪さするから。

 ・街のトイレの洗面台、どこも泡がいつまでも残るくらい、よく石鹸で
  手を洗うの。洗面台詰まっているのかと思ったよ。あわあわ~で。

 ・タバコは1000円くらい。 
  最近はパブでさえ室内ではタバコを吸えない法律できたんだって。

 ・シャワーは朝シャン。私は寝る前にお風呂に入りたいけどねぇ。 
  バスタオルも日本のよりずっとデカイの。

どうでもいいような小さな違いが面白かったkao1


私のイギリス珍道中 でした。 以上 じゃんじゃんrose
  


Posted by romeo mamma at 09:00Comments(0)イギリス

2011年08月14日

イギリスへGO !!!!! (ウエディング)

8月13日 イギリスの新郎新婦は超忙しい

8月13日、ロンドンでの友達の結婚式に参列してきました。

イギリスには日本のようなプライダル会社とか結婚式場とかはないらしいです。全部自分達で企画して準備するんです。

あんまり大変だから、結婚式をしないカップルも。
それ以前に、結婚という形式をとらないで、子供も産み一緒に生活するスタイルも多いんです。

当日、新郎新婦は朝から会場に入って会場準備。
我々が参加するのは18時半から、で終了するのは24時moon
忘れ物がないかもチェックして会場を後にするのも新郎新婦が一番最後face06
ウエデングドレスなど着たまま2人で両手に荷物持って、1時半頃近くのホテルに戻って来たんですって。

結婚式会場へ
18時半少し前会場に到着
外国の結婚式どんなの着て行くか悩んだけど、結局ツーピースにしました。
会場の女性の洋服は、ロングドレスとワンピース等の人と半々くらいでした。

ウエルカム・シャンパーンなるものを頂く。おっしゃれ~face02


 シャンパーンを飲みながら
 集まった人々と歓談。

 そしてね
 額縁のフレーム持って







 ポラロイドカメラで
 写真を撮ってもらって

 おめでとう!とかの
 メッセージを書いて

 ピッ て壁に貼るの。






 こんな感じ











次に場所を移して 席につきます。


 可愛いこの子は
 クリスの姪っ子のモーリーgirl






新郎新婦のスピーチ&指輪の交換
















日本のように金屏風の前に座っているなんてありません。
もちろん金屏風なんてないけどさ
新郎新婦も、皆と同じようにテーブルについて飲んだり食べたりします。
折り紙ゲームなんかをして会場を盛り上げicon14

新郎新婦は、それぞれのテーブルを回りkao1
















ケーキカットcake 絵になりますねぇkao1
















そのケーキを頂いた後、また前の場所に移動して

ファーストダンスicon06

 ヒューヒューkao4

 外国!って感じ!


 1曲目の後半から出席している人達も 
 踊りの輪の中へ入っていきます




ソシアルダンスの後はディスコタイムでーすkao2
老いも若きもお子ちゃままで イェーイface02















延々と23時半過ぎまで。
ただね、全員が最後までいるわけではなく、ダンスタイムに移るあたりから、お子様連れの人とか・終電の時間とか自分の都合で「じゃぁね」「楽しかった!」って帰り始めるのです。だから最後までいる人は半分くらい?かな。

手作りの温ったか~い素敵な結婚式でしたheart
招待してくれて、ありがとうrose 私も頑張って行ってよかったface02

本当におめでとう 私のロンドンの甥っ子 クリス&ミミちゃんicon06
  


Posted by romeo mamma at 01:30Comments(0)イギリス

2011年08月12日

イギリスへGO!!!!! (コッツウォルズ編)

8月11日

行ってみたかったテディベアの生れ故郷の コッツウォルズ に1泊2日で出かけることにしました。
電車とホテルはクリスに事前にお願いしてたの。
  ( 電車は当日だとチケット高いのよ~ )

ママが用事もあったのでコッツウォルズ行きの始発駅まで付いてきてくれたのだけど別れてから・・・ ホームを探したけど・・・どのホームかわからんface07 
清掃員のお兄さんに聞いたら、清掃員のボスの所まで連れて行ってくれて、調べて私の乗る列車のホームまで付き添ってくれました。 
皆やさし~いface01 ぎりぎりセーフ















のどかな風景の中を列車は走ります。
コッツウオルズには小さな村が沢山点在しています。
本当は車で回れればbetterなんだけど、レンタを借りて一人で地図を見ながらドライブする勇気はない。
で、列車とバスで辿り着ける村で、ガイドブックにアンティーク探しが楽しい と書いてあった 「ストウ・オン・ザ・ウォルド」 を選びました。


はい、どこへ行っても、こっちで聞いて、あっちで聞いて
にっこり・・・というより ニィ~と目一杯の笑顔を作り 言いたいことをとりあえず言って、後は「私の言ってること理解しろ~! 私のわかる英語で答えろ!」と念力を送りますkao3
ポイント?は、「指さす方向へ進む!」ことと「感!」かな。

今日の宿泊先はユースホステル!





色々な人と話してみたいので、予約してもらった部屋は相部屋です。

玄関の鍵と部屋の鍵を2つ渡されました。






私の部屋は下の写真の、上の3つ並んだ窓の左側
                      ↓






















お部屋の様子 奥にシャワー室と洗面所とトイレがあります。






















私の相部屋は大阪の学生2人、と外人さん2人。
外人さんは夜遅く戻ってきたので話する時間なし。残念。
ん? ここでは私も外人かぁ。


お部屋の窓から 

観光バスが何台も到着します。村中、観光客だらけ。






















本当に小さな村なので、2時間もあればぐるっと回れます。
お茶したお店の前。 こんなお花達があっちにもこっちにも。
















歩いている人もワンコもお洒落だheart

















このワンコ電話、本当に使えるのかな? 
なんか楽しいicon14




残念ながらテディベアのおもちゃ館はオーナーが高齢の為つい先日closeになったとかicon15 個人所有だったんだ。 
せっかくのお宝テディベア、村で管理すれば良いのに。。。


夜は近くのレストランでビールを飲みながらお食事しました。
ビール頼んだら、何か言われたけど???だったので銘柄かな?と思って「それ」って言ったら、30㎝もある細長いグラスに入ったビールが運ばれてきた~ ちょっと恥ずかしかったface06
クリームコロッケみたいな料理はすごく美味しかった。
お肉とか、ハンバーガーのたぐいは、量が多くてポテトが山盛りで出てくるから避けていたの。
こういう時は連れがいればなぁ、と思う。


8月12日

昨夜到着した大阪の学生さんは朝早く出発しました。何時間滞在したんだろう。でも女2人で、色々インターネットとかチェックしながら行動できるってすごい!






















時間はのんび~り過ぎて行きます。

小さな村の中を小道までも何往復もしたので、少し早めにロンドンに戻ることにした。


ストウ・オン・ザ・ウォルド → モートインマッシュ  バスで移動
時間までモートインマッシュの中を散策。

始発の場所ペディントン到着。 地下鉄でリバプールまで移動。

リバプールからは、あと1本でstay先の近くの駅まで行けます。もう一息。
できるじゃん私 kao2 なんて喜んでいたのに・・・

やっちまいました私kya-

ちゃんと聞きましたよ駅員さんに。
「ギディアパークへ行くのはこの改札入って行けばいいのですか?」って
入って何本か並んでいたけど、出発間際の手前の電車に乗り込む。

オリンピック会場の建設現場の脇も通過。 間違いない。
なんて安心したのに・・・・・・・あれ~?駅で止まらない・・・・・どんどん田園風景にface08
隣に座っているお姉さんに「エクスキューズミー」と聞いてみたら「あ~ら~あらあら」
どうも特急電車に乗ってしまったようです。ガァアア~ン

お姉さん、時刻表を取り出し「いい?次の駅で乗り換えて、そこから2つ目の駅で乗り換えて・・・」
子供に話すように教えてくれる。
やりとりを聞いていた近くにいたおじさん「乗るホームまで連れていくよ」って。

みんな親切だicon06 皆さんのおかげで無事にstay先まで戻れました。

ここまで順調過ぎたもんね。
上越新幹線だと新潟から東京まで止まらないのもあるから、そんな特急じゃなくてよかった。

でもさ、ミスがわかったとたん、可笑しくって、楽しくなっちゃう私でした。
ネタが1つ増えたkao3

「随分遠くまで行ったのねぇ。でも、パパも昔は飲んで帰ってくると、よく乗り越していたわねぇ」って電話したら普通な調子でママから言われました。
普通ってありがたいね。

明日は結婚式heart どんな結婚式かなぁkao1




  


Posted by romeo mamma at 23:30Comments(0)イギリス

2011年08月10日

イギリスへGO !!!!! (ロンドン前半)

8月9日

ヒースロー空港で、迎えに来てくれたクリスから、まず渡されたのは

   この2つ ↓
















ひとつはオイスターカード。
これは日本のスイカカードみたいなの。
料金を悩まずにピッと電車・地下鉄・バスなどに乗れます。
もうひとつはイギリスの携帯。
日本から自分の携帯も持って行ったけど、なんかあった時の為にと、クリスとパパ達の番号を入れて渡してくれたのでした。
気配りやさんらしい、やさしい配慮、嬉しかったですface02
クリスは酒田に住んでいて、イギリスに帰ってからも日本語を勉強しているので、会話は日本語でOKです。


急ピッチで建設が進んでいるロンドンオリンピックのスタジアムを横目で見ながら、クリス君の実家に向かいます。
















どこの国だって結婚式の前は御両親も色々忙しいに違いない、と遠慮したんだけど 「待っているから我が家に泊まりなさい」 と言ってくれたので、図々しくstayさせてもらうことにしました。

今日から合計3日間、クリス君の実家にお世話になりま~すkao7
パパとママに会うのは3回目、泊めてもらうのも2回目だから、気心も知れているし、会うことを楽しみにしてたんです。

クリスはおしゃべりした後、自分の家に帰って行きました。
















夕食はベイクドポテト&サラダ
げんこつより大きなジャガイモをアルミホイルで焼いて、それにクリームチーズやバターをつけたり、ハム等と一緒に食べます。
じゃが芋はご飯なんだな。
ワインを飲みながら、私の下手糞な英語に耳を傾け、やさしい英語を使って、ゆっくり話してくれるパパ&ママ
まるで私の親戚みたいface02

8月10日

今回のやりたい事の1つは 「一人でロンドンの街中を歩いてみたい!」

今日は手取り足とり教えてもらった後に、ひ・と・り・で
いざ大英博物館へ GOf01

ロンフォード → リバプール → 乗り換えて 地下鉄
リバプール → ホルボーン → トッテムナムコートロード
しか~し、ホルボーンで乗り換えた時、逆方向へ乗っちまったface08
手に持ってた地図と、窓の外の駅名で 「ハッ」 と気付いた。。。
2つ先の駅でUターン
無事目的の駅へ到着。できるじゃん私icon12

間違って覚える! これ俺流face02




 街の中はこんな花が一杯できれい!




大英博物館、近くなはずなんだけど、ちょっと行っては道を尋ね
公園に寄り道しては、また道を尋ね、そのへんのお店を覗いては、また道を尋ね・・・

















無事に到着しました 大英博物館

ははは 到着しただけで大満足kao1 目標達成した気分icon14

入場は無料。ただなんです。 寄付の箱が置かれているだけ。
ものすごく広くて、観光客めちゃくちゃ多くて、駆け足で「日本」と「オーストラリア」のコーナーだけ見てきました。
館内ほとんどカメラOKです。
















1時にクリスとママと大英博物館前で待ち合わせしてました。
近くのパブでイギリスの名物料理 「フィッシュ&チップス」 を食べましたicon28
男性の手のひら位の大きさの魚のフライ。サクッとしてて美味しかったぁkao2 
完食 ( ^0^ )/
ちなみに、食事するところはレストランじゃなく、どこもパブだったなぁ。
















食事の後は、「次どこへ行きたい?あっちの方だよ~」って放流してくれましたface06
私がやりたいことを理解しているから、そうしてくれる。
でも心配だったかも~ 離れて見守っていてくれてる感じ


次に向かった先はナショナルギャラリー

私はギャラリーの宗教画より、その前の広場とか、パフォーマンスしている人を見ている方が面白かったな。
















銅像ではありません。 銅像のパフォーマンスをしている人です。
そんな人?が何人もいました。
写真を撮るときは、前の箱に気持ちのお金を入れます。
















夜はクリスの家族とクリスの日本人の奥さんミミちゃんの家族と私の7人で夕食をとってから、ミュージカルを見にいきましたicon14

劇場の多く集まっているのはピカデリーサーカスというエリアなんだけど、まるでコーヒーショップのように劇場があるのにはビックリkao17

Millon Dollar Quartet


 1960年代の音楽バリバリのミュージカルですicon12

 ワンフロアはそんなに広くないけれど、4階席まであります。

 ちなみに私達の席は1階3列目!

 楽しんだぞkao1  


Posted by romeo mamma at 23:30Comments(0)イギリス

2011年08月09日

イギリスへGO !!!!!  (エディンバラ)

ロンドンのお友達から結婚式の招待状が届きましたface02
そりぁ~行くしかないでしょうicon22

8月6日

6時25分、羽田からフライトicon20
羽田から直行便が飛んでいるんです。
時差は8時間。(日本が18時の時イギリスは10時)
飛行時間はだいたい11時間。
















一人はいつもドキドキです~っ。 でも、一人旅ハマってますkao1
せっかくの海外旅行。あっちもこっちも見た~い!

で、まずはスコットランドのエディンバラを目指します。

羽田icon20→ ロンドンのヒースロー空港 →icon17バスでガドウィック空港に移動
  →ガドウィック空港からicon20エディンバラ空港に
    →エディンバラ空港に到着後icon17タクシーで宿泊先のゲストハウスへ

こっちで質問して10位教えてくれるけど、全部は理解はできましぇ~ん。
あっち!と言われた方向に行って、また同じ質問。 
10・9・8・・・と減らして行って、ようやく目的地に着きます。
みんな親切です。女は度胸! なんとかなるさ~

私が泊まったゲストハウスは日本では民宿かな?
朝食付きで20ポンド。2600円くらい。トイレとバスは共有です。
















8月7日

朝、お友達のロゼが迎えに来てくれました。
実は前回ここのお宿で知り合った人なんです。

夏なのに、さぶ~~~っ
雨も降っているし、ロゼさん今日はデパートめぐり?だけなの?
私ショッピングあんまり興味ないんだけどな。
















途中ロゼのお友達のゴードン氏と合流し、お茶をご馳走になる。
この写真のところはデパート。日本とはなんか違うよね。















朝「サーモン好き?夕食準備しておくね!」
ってオーナーのおじいちゃん&おばあちゃん
ロゼはこのオーナーとお友達。
夕食の時間に合わせて市内観光から戻ってきました!















前回私が宿泊したことを覚えていて2人は歓迎してくれたの。
美味しいサーモンにワインまでつけて頂いて、もっけです。
めっちゃ美味しかった♪
Thank you very very muchheart















ほろ酔い気分のおじいちゃんはスコテッシュ音楽を演奏icon14
宴は夜遅くまで続き・・・時差ぼけもあり私はリタイヤー。。。
とっても元気な81歳のベティと84歳のビルです。


8月8日

今日は天気は晴れ! よかった!
ビルじーちゃんの運転で4人でドライブです!
エディンバラの街並みをグル~ッと回ってくれました。
この風景素敵でしょう! あ~この丘、歩きたかったなぁ~
















お昼は朝しっかり食べてきたので、コーヒーとフライドポテト。。。
ポテトはイギリスでは、日本での米とかパンみたいなものでした。

その後、繁華街でロゼと私を降ろしてもらいました。
念願の行きたい場所を歩きまわれるぞicon14

ここはエディンバラ城 (裏側)















8月は「エディンバラ国際フェスティバル」があって世界中から人が集まって来るんです。
オペラ・演劇・ジャズ・ブルース・ダンス・フリンジ(実験的な劇・パフォーマンス)などなど。国立競技場位の大きさの広場では夜に「ミリタリー・タトゥーフェスティバル」(バグパイプを中心にしたショー)なんかもあるんですよ。
ずっと前から予約しなければいけないコンサートもあるけど、お城へ続く石畳の2キロ程の道は、こんな状態なんです。
















1曲歌ったり、寸劇したり、パフォーマンスしたり・・・
「気に入ったらOOでOO時からやるからチケット買って!」と呼び込みしてます。
路上では、遊んでるのか? なりきって演技してるのか? わかんないけど、とにかくメッチャ面白いface05
こんなのが、ただで見れるんだから、たまりませんkao18
















お城の回りではフリーマーケットも色々あるし、本当は1日ここに居たかったんだ。
残念ながら、1時間のみ、コンサートにも行けませんでした。
ロゼは私のために色々計画してくれて、私は安心してついて行けばよかったけど、私が一番やりたかったことは少ししかできなかった。
このあたりが、難しいんだな。
















夜はロゼがレストランに私とビルとベティを招待してくれましたicon28
















8月9日

ロゼは親戚のおばさんのように最後まで、飛行機の搭乗口に入るまで付き添ってくれました。
会うのは2度目だったのに、本当にありがとう!

さぁ次はロンドンへGO icon20 kao2  


Posted by romeo mamma at 08:00Comments(0)イギリス